いわき民報 > トップニュース > Blog article: 感染対策強化で「ハワイアンズ」きょう営業再開 市内外から多くの人訪れる

いわき市内ニュース

感染対策強化で「ハワイアンズ」きょう営業再開 市内外から多くの人訪れる

2020年07月01日(水)更新

過去のトップニュースなどは<こちら>。

読者のページ募集中 詳しくは<こちら>。

最終更新:7月1日午後5時51

新型コロナウイルスの影響で日帰り・宿泊施設の休業が続いていた、常磐藤原町の大型温泉施設・スパリゾートハワイアンズが1日、営業再開した。前夜からの雨も上がり、開館時間10分前の午前9時50分には待ちかねた個人、家族連れなど約70人が列をなし、オープンとともに感染防止対策を強化した入場口で非接触型体温計、サーモグラフィーによるチェックを済ませた後、フラガール、ファイヤーナイフダンスチーム・シバオラの出迎えを受け、次々と入場していった。

来館者を迎える前、ウオーターパークフロント口では、施設を運営する常磐興産の西沢順一代表取締役社長が、勢ぞろいした館内スタッフに「待ちに待ったこの日が来た。笑顔、元気なあいさつを忘れず、安全・安心で楽しいハワイアンズを作り上げていこう」と述べ、再開に向け努力を続けてきた従業員同士の思いを共有した。

地元・常磐藤原町の無職斎藤芳美さん(87)は、年間パスポートを携えて訪れた。「旧常磐ハワイアンセンター」建設当時、館内に植栽した南国の植物を寒さから守るため、ストーブを貸し出したという斎藤さんは「ほとんど毎日通っている。温泉は体が軽くなるからね。きょうはゆっくりしたい」と笑顔を見せた。

家族5人で訪れた会社員早乙女直文さん(38)=茨城県常総市=は「子どもが通う小学校の創立記念日を利用した。去年も同じ時期に来ました」と話し、ウオーターパークのプールで長男、長女、次女と一緒に水の感触を楽しんでいた。

写真は、プールで楽しむ親子連れ=1日(クリックで拡大)

詳しい紙面は、新聞オンライン(SHIMBUN ONLiNE)まで。<クリック!

新聞に掲載した写真やクリアホルダーが欲しい方は<こちら>。

同日のニュース

  • 6日の紙面から「平・創作麺やま鳶 ラーメン店の『こども食堂』始める」など
  • 【アーカイブ】過去の主な記事
  • 地域交流施設の三和・長居小が再出発 七夕飾りに来校者喜ぶ
  • いわき市 都市計画審議員に委嘱状 平幕ノ内団地の審議も
  • 童話作家の心平に焦点当てる 記念文学館でスポット展示実施中
  • いわき天文同好会 環境大臣表彰受ける 地域環境保全・教育たたえて
  • 暮らしの伝承郷 「自由研究」講座の参加者募集 26日と8月2日に開催
  • 准看護師の内郷・渡辺さん 国際ソロプチミストの日本北リジョン賞に輝く
  • 北白土囲碁クラブ 第246回渡辺綾子杯 赤津十段が熱戦制して優勝
丸市屋の特選品はこちら