いわき民報 > トップニュース > Blog article: クレハ 市村産業賞・貢献賞に輝く 「スーパープラスチック」の可能性広げる

いわき市内ニュース

クレハ 市村産業賞・貢献賞に輝く 「スーパープラスチック」の可能性広げる

2020年08月01日(土)更新

過去のトップニュースなどは<こちら>。

読者のページ募集中 詳しくは<こちら>。

最終更新:8月1日午後4時51

錦町のいわき事業所に生産拠点を置く、クレハ(本社・東京都中央区、小林豊代表取締役社長)が高機能樹脂を量産化し、新市場を切り抜いたとして、第52回市村産業賞の「貢献賞」に輝いた。同社が同賞を受賞するのは今回初。同社は本市へのこれまでの感謝の意などを込め、市に貢献賞の副賞の300万円全額を寄付した。浄財は新型コロナウイルス感染症対策のために役立たれる。

市村産業賞は、リコー三愛グループ創始者の故市村清氏が昭和38(1963)年、紺綬褒章受章を記念して創設した「市村清新技術財団」が主催。日本の科学技術の進歩、産業発展に顕著な成果を上げ、産業分野の進展に多大な貢献・功績のあった個人、団体、企業などに贈られる。

受賞テーマは「高分子量ポリグリコール酸の製造技術開発と新市場開拓」。総指揮を執った佐藤浩幸・研究開発本部長によると、高分子量ポリグリコール酸(PGA)は、同社の主力商品の台所用品「クレラップ」よりもガスや水蒸気を通しにくく、土壌や海中で水と二酸化炭素に分解する“スーパープラスチック”だ。

1930年代、米国の他社が医療用品の手術用吸収性縫合糸として開発したが、高コストのため、量産化を断念。クレハは量産化に向け、研究に着手。年産4千トン規模を生産する商業プラントを稼働し、世界初の量産化技術に成功した。

同社によると、プラント拡張によりコスト削減が図られ、さらなる量産化が進めば、飲料水のペットボトルなどの材料にも使え、環境に優しい高機能素材として注目されている。小林社長は「マザー工場を置くいわきで磨いた技術で、いわき、福島、世界に役立つ商品を作っていきたい」とさらなる飛躍を誓っていた。

写真は、清水市長に浄財を手渡す小林社長(右)(クリックで拡大)

詳しい紙面は、新聞オンライン(SHIMBUN ONLiNE)まで。<クリック!

新聞に掲載した写真やクリアホルダーが欲しい方は<こちら>。

同日のニュース

  • 12日の紙面から「『いわき梨』本格的に出荷始まる 選果場も新調」など
  • 【アーカイブ】過去の主な記事
  • アクアマリンふくしま フェネックの子「カマル」と命名 来館者の投票で決定
  • 東日本国際大 コロナ禍困窮の学生に向けて 教職員ら食料を寄贈
  • 施餓鬼法要で諸霊を供養 小名浜・浄延寺 新型コロナによて規模縮小
  • 市中体のバドミントン優勝 男子は上遠野 女子は三和
  • 「市中小企業・小規模企業振興会議」開かれる 緊急経済対策の現況など報告
  • 市立美術館 リサ・ラーソン展 1万人目に平の親子
  • 国民民主党が分党の方針 本市関係者の間にも驚き広がる
丸市屋の特選品はこちら