いわき民報 > トップニュース > Blog article: いわき市で新型コロナ2例目 濃厚接触の子ども通う湯本三小は2週間休校に

いわき市内ニュース

いわき市で新型コロナ2例目 濃厚接触の子ども通う湯本三小は2週間休校に

2020年04月08日(水)更新

初報:4月8日午後7時7分/最終更新:4月8日午後7時58分

市は8日夜、いわき市の40歳代会社員男性が、新型コロナウイルスに感染したと明らかにした。いわき市ではクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」から下船した70歳代男性(退院済み)以来2例目となる。

清水市長が8日午後7時から、平字梅本の市役所・第8会議室で記者会見を実施し、詳細について公表した。現時点で男性の感染経路は不明だが、市中感染とみられるという。

市によると、男性は1日にのどに違和感を覚え、2日に37・5度の発熱、のどや腹の痛み、だるさをあったことから、市内の医療機関を受診した。

6日に37・2度の発熱があり、改めて同じ医療機関を受診。8日に民間検査機関・江東微生物研究所によるPCR検査の結果、陽性と判断された。男性は県内の感染症指定医療機関に入院したが、肺炎などの症状は出ていない。

男性は妻、子ども3人と同居しており、家族は濃厚接触者とされるが、いまの段階で健康状態に変化はない。男性は市内で勤務しており、市ではこのほかの濃厚接触者も特定を進めている。なお勤務先の公表は調整中としているが、発症は1日に退社した後で、2日からは出社していない。

また男性の子ども3人のうち、2人が湯本三小に通学しており、市教委は9~22日の間、同校を休校とすることを決めた。さらに男性の未就学の子どもが通っている私立保育園・さかえ保育園(常磐上湯長谷町)に関しても、同じ期間の休園に至った。

清水市長は市中感染の可能性を踏まえ、「市民の皆さまには、緊張感を持った行動に留意してほしい」と語り、いわき市で市中感染が今後広がった場合には、市内の公立小・中の休校等も検討すると述べた。

いわき市の男性を含め、福島県では8日、5人の陽性が判明し、累計の県内感染者は29人となった。

写真は、新型コロナウイルスに関する記者会見に臨む清水市長=8日午後7時2分(クリックで拡大)

同日のニュース

丸市屋の特選品はこちら