いわき民報 > いわき市内ニュース

いわき市内ニュース

28日、四倉ねぶたといわきおどりの夕べ 今年の主役、歌舞伎「暫」に

2018年07月19日(木)更新
第34回四倉の夏まつり「四倉ねぶたといわきおどりの夕べ」(四倉夏まつり実行委員会主催、四倉町商工会などの後援)が28日夜、四倉町の中心市街地で行われ、四倉の夏の夜長に、いわきおどりとねぶたが商店街を練り歩く(雨天の際は翌29日に順延)。 開会式は午後6時から、道の駅よつくら港そばの海浜ふれあい広場で行う。いわきおどりは地元四倉の14チーム・994人が出場予定。一番手で出発する「四倉スポーツ少年団松武館」の代表によるスタート宣言と打ち上げ花火を合図に、ゴールのJR四ツ倉駅を目指して、踊り流す。 このほか、同駅前では同時40分から、よつくらYOSAKOI美舞蝶(あげは)組(曽我久美子代表)がよさこい踊りを披露するなどし、祭りに花を添える。 まつりのもう一つの目玉となるねぶた、ねぷたは同7時ごろ、いわきおどりの一行に続いて出発する。長年にわたり四倉ねぶたを制作してきた善友会(佐藤良孝会長)によると、今年はねぶた、ねぷた各4基の計8基が登場する予定。四倉のねぶた、ねぷたを提供してきた善友会は、5月下旬から四倉漁港そばにあるねぶた工房で制作してきた。会員は23人で、仕事を終えたメンバーが夕方ごろから工房に集い、休日返上で額に汗しながら、ねぶたやねぷた作りに励んできた。まつりを間近に控え、現在、急ピッチで作業を進めている。 まつりの主役となる大とりのねぶたは、歌舞伎十八番の一つ「暫(しばらく)」が題材。絵師たちが荒事の代表的な演目を巧みな色使いで表現した。道幅に合わせて最大幅は4㍍、高さは台座まで含めると4㍍を超える大ねぶただ。「いわきおどりやねぶたを見て、四倉の夏の一夜を楽しんでほしい」と佐藤会長。ねぶた、ねぷた作りはまつり直前まで行う。

同日のニュース

丸市屋の特選品はこちら