いわき民報 > いわき市内ニュース

いわき市内ニュース

サンマのポーポー焼き 〝たこ焼き風〟に開発 浜魂開き、新たな郷土料理を命名

2017年01月20日(金)更新
平字白銀町のNPO法人タタキアゲジャパン(松本丈理事長)が主催し、多彩な議題について意見を交わすイベント「浜魂(ハマコン)」が19日夜、平祢宜町のいわきPITで開かれた。市民ら約60人が参加し、今回はワインスクールの展開、知育教育の推進、新たな郷土料理の命名をテーマに盛り上がった。  浜魂は27年8月、東日本大震災・東電福島第一原発事故を契機に、浜通りで活動を考える個人・団体に対し、地域全体で課題解決を図るために開始。いわきPITをメイン会場に定期的に開催され、提案者のプレゼンテーションを基に、出席者は希望する話題の議論に加わる。  登壇した3人のうち、小名浜さんま郷土料理再生プロジェクトの上野台優さん(41)は本市の郷土料理・サンマのポーポー焼きについて、新商品として開発した〝たこ焼き風〟に合う命名案を求めた。  プレゼンテーションを踏まえ、上野台さんの内容に興味を持った10人超の参加者が集まった。全体と少数の形でそれぞれ意見を交わし、タコではないとのしゃれを交えた「サンマ・ダ・タコ・デ・ネーベ」に決まった。  上野台さんは市民にサンマの魅力を知ってもらおうと、昨年9月から事業を進める。「子どもにも食べやすくするため、たこ焼き風を思いついた。皆さんに良い名前を付けてもらおうと、浜魂に参加を決めた」と振り返った。  命名された〝たこ焼き風〟は2月から、市観光物産センター「いわき・ら・ら・ミュウ」内での販売を予定する。

同日のニュース

丸市屋の特選品はこちら