いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2021.2.15

片隅抄

2021.2.15

2021年02月15日(月)更新
新型コロナウイルスの新規感染者数が減少傾向に転じ、県独自の緊急対策が14日で終了となった。市も同日、独自の「感染防止集中対策一斉行動」を終了。時短営業の自粛対象となった酒類を提供する飲食店もようやく、安どしたはずだ▼感染防止対策を万全にし、週明け以降の客を迎える準備を進めていた店主も多いはず。その出はなをくじくかのように、激しい揺れがいわき地方を襲った。13日午後11時8分ごろ、本県沖を震源とする最大震度6強の地震が発生。いわき市では震度5強を観測した▼間もなく、東日本大震災から10年を迎える。震災を経験したいわき市民は激しい揺れに体をこわばらせながら、あの日の悪夢が脳裏をよぎったはずだ。幸いにも津波の心配はなく、被害も最小限で収まった▼この地震発生から間もなく、余震と思われる揺れが相次いでいる。震災から1カ月後の4月11日、本市を襲った福島浜通り地震も忘れてはいけない。油断は禁物だ。
丸市屋の特選品はこちら