いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2021.2.12

片隅抄

2021.2.12

2021年02月12日(金)更新
現地を訪ねたわけではないが、新潟県柏崎市、刈羽郡内を流れる別山川沿いに和田橋、市中(いちなか)橋、井角(いすみ)橋、東栄橋と4つの橋梁(きょうりょう)があるという▼これら橋の1字ずつを組み合わせると、ある人物の名前になる。昭和47年、自民党総裁選を制し、当時戦後最年少の54歳で政権を得た田中角栄元首相、その人。ここ数年、時ならぬ角栄ブームが起き、多くの著作が出版された▼中でも作家から国会議員に転身、金権体質を批判した石原慎太郎氏が元首相を題にした『天才』を出し、ベストセラーにもなった。この4橋の命名は河川氾濫に苦しむ地元民の陳情を即実行に移したことから、関係者が感謝を込めたものといわれる▼背景にはある力学が働いたと思うが、こちらの橋梁名はきちんとした公募で選ばれる。現在、整備中の小名浜港と常磐道を結ぶ「小名浜道路」。その道路に架かる全長100メートル以上の6橋が対象。漢字、平仮名で親しみやすいネーミングを募る。締め切りは18日。
丸市屋の特選品はこちら