いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2021.2.10

片隅抄

2021.2.10

2021年02月10日(水)更新
国内で6000人もの人が新型コロナウイルスで亡くなっている。市内でも集団感染が発生し、危機感を強める▼政府は今月7日までの1カ月間、11都府県に対し、緊急事態宣言を発令したが効果が得られず、栃木県を除く10都府県で宣言の延長を決めた。今後、期間中時短要請に従わない飲食店には罰則を科すなど、強い姿勢で臨もうとしているが、収束の見通しが立たず、混迷の度は深まるばかり▼今課題なのがワクチンの開発。日本では開発が遅れ欧米のワクチンに頼るのみ。そのため供給量の問題もあって、国民全員に行き渡るには時間がかかりそうだ。政府は引き続き予防策の徹底、飲食が伴う会食の自粛を強く呼び掛ける▼他にも医療従事者や65歳以上の高齢者、基礎疾患のある人からワクチン接種を始めるが、外国からのワクチン輸送、保管・接種場所の確保など、課題は山積。これまでのように地方丸投げではなく、国としての対応が強く望まれる。
丸市屋の特選品はこちら