いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2021.12.21

片隅抄

2021.12.21

2021年12月21日(火)更新
親子二代親戚の宅地を借りて畑仕事に勤しんだ。畑と向き合い知ったが、最大の敵は雑草と虫。少ない余暇を利用し、明るいうちに仕事を終えると真っ先に畑に向かって草引きと害虫駆除に励んだ▼農薬を使えば楽だが、虫が寄り付かない野菜を子に食べさせのははばかれる。虫食いでも思うように大きくならなくとも、自然と対峙し汗水たらして育てた野菜は格別の味だった▼同じく震災後、人生経験豊かな好々爺と無農薬の米づくりに励んでいるが、今季は田〝敷き〟しか手伝えないばかりか、収穫量も例年の8掛け程度。資材購入費を賄うだけの売上げにつながらず、とうとう来季は減農薬の田〝植え〟にシフトすることを決めた▼畑は維持するのが難しく、手放すことに。跡地にはアパートが建つ。父から受け継いだだけに思い入れは深かったが、こればかりは仕方ない。土いじりは自然と向き合う最高の教材だった。畑も田んぼの変化も、実は高齢化が背景にある。
丸市屋の特選品はこちら