いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2020.9.30

片隅抄

2020.9.30

2020年09月30日(水)更新
朝晩肌寒く感じるこのごろ。日の入りも早まり夜が長くなった▼県警では夜間の交通事故防止に力を入れている。日没が早まる秋から年末にかけて、夜間に歩行者が関係する重大事故が増える傾向にあるからだ。ドライバーはライトを早めに点灯し、前方に車がいない場合はライトをハイビームにして、歩行者を早い段階で確認できるようにすることが重要だ▼歩行者にはドライバーに早く発見してもらうために、夜光反射材の着用を呼び掛ける。反射材も靴のかかとに張るものから、腕に巻いたりたすき掛けのものまで種類は豊富。明るい服装で複数箇所に身に付けたい。ドライバー、歩行者が互いに注意し合うことで、悲惨な事故を1件でも減らしたい▼21日から始まった秋の全国交通安全運動は今日で終了するが、交通安全に終わりはない。今運動のスローガン「夕暮れの一番星は反射材」をお忘れなく。危険な飲酒運転、あおり運転は絶対にしてはならない。
丸市屋の特選品はこちら