いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2020.9.19

片隅抄

2020.9.19

2020年09月19日(土)更新
常磐炭田史研究会の野木和夫会長は、まだ見ぬ古関裕而作曲の原譜を探している▼野木さんかつて常磐炭砿で歌われていた♪誇りも高き黒ダイヤ おゝ燦たり常磐炭礦――の「我等の力」と♪フレフレフレ常磐 覇者たれ常磐――の応援歌「若きいのち」をCD化し、資料として保存しようと試みている。作詞したのは現在放送中のNHK連続テレビ小説「エール」でもおなじみの名コンビ野村俊夫だ▼野木さん自身も炭砿に勤めていたころ、強豪だった野球部を応援するため声高らかに歌った思い出の曲だが、閉山時に炭砿の資料はさまざまな場所に保管されてしまい、音源はもとより古関の原譜もどこかへ消えてしまった▼高校の吹奏楽部に演奏を依頼しているが、原曲を忠実に再現するのにはぜひ古関が書いたオリジナル譜面が必要となる。常磐興産、福島大学、市石炭・化石館、古関の遺族……。他力本願となるが、野木さんはぜひ探してもらうようお願いし続けている。
丸市屋の特選品はこちら