いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2020.7.22

片隅抄

2020.7.22

2020年07月22日(水)更新
収束の糸口すら見えない新型コロナウイルス。大都市を中心に感染第2波が懸念される中、経済のさらなる落ち込みが心配だ▼コロナ禍は子どもたちをも直撃。春先、コロナ感染防止から市内の小・中学校では休校が続いたため、今年の夏休みは8月に入ってから。休みも減らされ、子どもたちの落胆はいかばかりか。市民にとっても海開き、花火大会、夏祭りと中止が重なり、今年は寂しい夏となりそうだ▼コロナは各種スポーツ大会にも影響し、3密を避けるため大会中止か規模を縮小しての開催となる。夏の甲子園大会は中止され、代わって県独自に開催する「福島2020夏季高校野球大会」が18日から始まった。3年生にとっては最後の大会、悔いのない試合をしてほしい▼九州、東海、関東では大雨による土砂災害、河川の決壊などが相次ぎ、人々の生活に甚大な被害をもたらした。台風シーズンを前に、日ごろから災害に対する備えはしっかりとしておきたい。
丸市屋の特選品はこちら