いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2020.6.22

片隅抄

2020.6.22

2020年06月22日(月)更新
小名浜で暮らし、40数余年。港から離れた内地とはいえ、根っからの浜言葉と気風は染みついて離れない。親しみを込めても町場の方に「いっしゃ、この!」なんて言葉をかけたら、さぁ大変▼いわき弁といえば、海上観光遊覧船「いわきデイクルーズ」の船内アナウンスを思い出す。観光客向けの方言で、浜特有の荒々しさはなかったように記憶する。人懐っこく「またきてくんちぇ」なんて言われたら、域外の方でも思えず笑みがこぼれるものだ▼県下唯一の海上遊覧船が廃止され早9カ月。海洋観光の灯を消すまいと、志を持った地元企業が出資し新たな遊覧船会社を設立したが、コロナ禍が水を差す。当初の9月始動は来春に延期となった▼猪苗代湖の遊覧船会社はコロナで経営が悪化し破産に。暗い話題が先行するが、春には未曽有の感染流行は収まるだろうか。新会社の「小名浜クルーズ」には順風満帆な船出を迎えてほしい。もちろん船内アナウンスは、ぜひいわき弁で。
丸市屋の特選品はこちら