いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2020.3.18

片隅抄

2020.3.18

2020年03月18日(水)更新
20日は「春分の日」。この日を境に徐々に日が長くなり、春の足音が一段と高まる▼地球温暖化からか今年の冬は例年になく暖かく、春の訪れを知らせる福寿草や梅の開花が早まった。こうなると気になるのが桜の開花。14日に東京で桜が開花したのを皮切りに、今後は九州、四国と桜前線は北上を続け、日本気象協会では福島は30 日を予想する▼温暖化は農作物にも影響し、今年は雪不足から農家では稲や作物の生育を心配する声が聞かれる。ここ数年は夏から秋の収穫期にかけて、台風などの自然災害に見舞われることが多く、農家の悩みは尽きない▼悩みと言うなら世界中で感染が拡大している新型コロナウイルスだろう。全国の小・中学校では休校が続き、不要の外出は避けるようにと政府から異例の要請が出された。消費も冷え込み経済にも暗い影を落としている。ウイルスの拡大が早期に終息し、何の憂いもなく美しく咲いた満開の桜を楽しみたいものだ。
丸市屋の特選品はこちら