いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2020.11.30

片隅抄

2020.11.30

2020年11月30日(月)更新
東日本大震災復興支援活動の一環で7年前、元サッカー日本代表の三浦和良さん(53)が本市を訪れた。「キング・カズ」が特別授業の教壇に立ち、小学生に夢を持ち、諦めないことの大切さを伝えた▼当時46歳ながら、その翌年のブラジルW杯出場を諦めず、報道陣の囲み取材を終え、三浦さんは帰り際、「サンパウロで逢(あ)おう」と言った。その姿がかっこ良かった。結果、選手として、W杯出場の夢は叶っていないが、53歳となった現在も現役Jリーガーとして活躍する姿に胸を打たれる▼J3昇格を目指す、JFLのいわきFCが今季最終戦に挑んだ。だが、遠くいわきからの声援も届かず、敵地・宮崎で有終の美を飾れなかった。通算6勝6敗3分けで全日程を終え、今季の昇格を逃した▼初挑戦のJFLはコロナ禍で短期決戦となり、思うような結果を残せなかったかもしれない。しかし、誕生5年の若きチーム。夢を諦めず、来季のさらなる躍進を期待したい。
丸市屋の特選品はこちら