いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2020.1.8

片隅抄

2020.1.8

2020年01月08日(水)更新
令和2年、子年。お正月安倍総理はどのような初夢を見られたのでしょうか▼安倍政権が掲げる最大目標の一つ、憲法改正が国民の信任を得てご満悦なわが身の姿ですか。現実は厳しく昨年、2020年度予算案を閣議決定したものの、歳出の3割超を借金に頼る状況は変わらず、常々総理が口にする財政の健全化は夢のまた夢。今後も社会保障費等は膨張し、赤字体質からの脱却は厳しいと言わざるを得ない▼森友問題では財務省が決裁文書を改ざん。安倍総理の後援会関係者が多数参加した桜を見る会では、招待者名簿を破棄したとして野党議員から追及の声が上がっている。自衛隊の日報、加計問題同様うやむやにするつもり。不正をただすどころか口裏合わせに忖度する、政治家、官僚に国民は嫌気がさしている▼政治に対する信頼度は地に落ち、回復どころか官僚や議員の相次ぐ不祥事に脳死状態。だれがこの責任を取るの、国民、いえいえ総理あなたでしょう。
丸市屋の特選品はこちら