いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2020.1.29

片隅抄

2020.1.29

2020年01月29日(水)更新
今年は暖冬でスキー場は雪不足に悩まされ、観光事業への影響が心配される▼専門家は一過性のものではなく暖冬は今後も続く恐れがあり、近年増えている台風や豪雨災害など、すべて地球温暖化が関連していると指摘する。異常気象は地球規模で起きており、温暖化の原因とされる温室効果ガスの排出を削減する動きが、欧州を中心に世界中で広がっている▼日本も削減に動きたいところだが、温室効果ガスの排出が多い石炭発電への依存度が高いために難しい。排出大国の中国、米国なども経済への悪影響を懸念し削減には消極的。国同士の話なので個人でどうすることもできないが、年々悪化する地球環境を考えると、今行動を起こさなければいけないとの思いを強くする▼そこで身近にできることから始めよう。ごみを減らしリサイクルのための分別の徹底、マイバッグの持参、食物ロスの削減など。小さなことだがこの積み重ねが温暖化防止につながると考えたい。
丸市屋の特選品はこちら