いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2020.1.22

片隅抄

2020.1.22

2020年01月22日(水)更新
昨年は台風19号、豪雨被害と自然災害が相次ぎ、いわき市は大変な年だった▼年が明けても生活再建のめどが立たない人が少なくないと聞く。この寒空の下、どんな気持ちで年を越したのかと思うと、やりきれなくなる。災害は忘れたころにやってくると言われるが、これからは乾いた強い風が吹く日が多くなるだけに、火の取り扱いには特別な気配りが大切だ▼温暖な気候と言われるいわき地方だが、冬型の気圧配置が強まれば雪も降る。積雪まではいかないまでも、寒さが厳しければ道路は凍結する。足を滑らせ転倒すると思いがけないけがにつながることも。マンホールのふたの上はぬれると滑りやすくなるだけに、足元には注意したいものだ▼歩く時ばかりではなく、車の運転も注意が必要だ。冬用タイヤを履いているから大丈夫と思ったら大間違い。凍結路面でスリップすると、ハンドル、ブレーキとも制御不能におちいる。スピードは控えめに、油断は禁物。
丸市屋の特選品はこちら