いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2019.10.31

片隅抄

2019.10.31

2019年10月31日(木)更新
本来は「正常」だが、時としてそれが「異常」に感じることがある。それを最近、平の銀座通りで目の当たりにした▼並木通りから銀座通りに入った時、路上駐車の車が無かったのだ。もちろん駐車禁止区域だし「正常」なのだが、逆の光景を目にすることが多いので「異常」に感じたというわけだ。訳はすぐにわかった。パトカーが赤色灯をつけて警告していたからだ。▼銀座通りの路上駐車の問題はここで何度も提言していたが、一向に改善されない。警察とのいたちごっこが続くばかりで、抜本的な改善には至っていない。駐車禁止の標識はあるが、タクシーに限るという限定つきだが、駐車可の標識が紛らわしいという声もある。また、停車は許されているがそれを拡大解釈していることもあるだろう▼路上駐車は、景観上の観点からだけでなく、予期せぬ事故を誘発することにもつながる恐れもある。自分さえよければの考えを捨て、他人を思いやる気持ちを持つ余裕が欲しい。
丸市屋の特選品はこちら