いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2019.09.25

片隅抄

2019.09.25

2019年09月25日(水)更新
「身につける 夜道のお守り反射材」をスローガンに秋の全国交通安全運動が、30日まで繰り広げられている▼これからは日没が早まり、薄暮時や夜間の交通事故が増える時期。今運動の重点目標でも「夕暮れ時と夜間の歩行者・自転車乗車中の交通事故防止」とうたわれている。対向車がいない時は車のライトをハイビームにし、歩行者は明るい服装で夜光反射材を身に着けるようにしたい▼最近、社会問題になっているものに「あおり運転」がある。一昨年、神奈川県の東名高速道路で起きた、あおり運転が原因の交通死亡事故をきっかけに、法整備と罰則が強化されたが、成果は上がっていない。先日もあおり運転を行ったうえ、エアガンで相手の車を撃つ危険な行為があった。ここまでくるとどう対処していいのか分からない▼高速道路で後方から猛追する車を見かけたら、すぐに車線を譲るか、サービスエリアに逃げ込むしかない。「君子危うきに近寄らず」だ。
丸市屋の特選品はこちら