いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2019.06.19

片隅抄

2019.06.19

2019年06月19日(水)更新
昨夜の地震発生時、入浴していた。湯船につかりのんびりしていたところ、左右に揺れる感覚がした。そのうち浴室内がミシミシときしみ始めたが、大したことないと考え、慌てることもなかった▼湯上がりにテレビをつけると、全局が地震速報を流していた。山形県沖を震源に新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱と、想像していたよりも大きな揺れが襲った▼やや取り乱したアナウンサーが「新潟県あすかでは…」と言う。はて、そんな地名あったかなと思いながら、「飛島」を読み違えたのだと思った。一夜明け、状況をテレビで見ると崩れたブロックが地面を覆うなど万一の場合、人命が失われていたかもしれない▼幸い津波災害には至らなかったものの、地震という見えないパワーの前には、人知など及ぶべくもない。先の東日本大震災を体験したこちらとしては、1カ月後に市内南西部で起きた4・11直下化型地震の恐怖が脳裏を離れない。
丸市屋の特選品はこちら