いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2018.10.10

片隅抄

2018.10.10

2018年10月10日(水)更新
最近、振り込み詐欺防止を訴えるのぼり旗が団地内各所に設置された。警察と地域が連携した防止策の一環という▼先月末、市内で80歳代の女性2人が、相次いで成りすまし詐欺被害に遭う事件が起きた。2件とも警察官の名をかたり、高齢者をだましたもので、警察を信じる高齢者の弱みに付け込むようで許せない犯罪だ▼警察では詐欺に遭わないようにと、金融機関などの協力を得て被害防止に努めている。それによって被害をまぬかれたケースも少なくない。ただここ数年は特殊詐欺の手口も巧妙化し、撲滅には至っていない。ところで、特殊詐欺の被害者というと高齢者の印象が強いが、最近は電子マネーを利用した詐欺が増加し、若者にまで被害が拡大している▼一番の防止策はだまされないこと。簡単なことだが、これが難しい。お金を渡した後では手遅れ。お金は返ってこないと思った方がいい。1人で考え込まないで、家族や警察に相談することが大切だ。
丸市屋の特選品はこちら