いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2018.10.06

片隅抄

2018.10.06

2018年10月05日(金)更新
きのう「名優樹木希林さん追悼上映のご案内」なる情報が、平の映画館まちポレいわきから寄せられた。先月亡くなった樹木さんを偲び、きょうから同館で公開される▼作品は「モリのいる場所」「あん」の2本。このうち「モリの…」は、今では伝説化する画家熊谷守一さんが主人公。以前、朝日文庫『わが家の夕めし』の中で家族そろった写真を見たことがある。その風貌は伸びきったあごひげから、どこか浮世離れしている感じが伝わってきた▼だがその半生は極貧であり、そのため病気の幼子を亡くすなど辛酸をなめたものだったという。山崎努さん演じる熊谷、その妻秀子役に樹木さん。世間から変人扱いされた夫とどうからんでいくか、興味がある▼映画は話題性か、好きな役者で見るかなど好みは分かれる。まして料金を支払うからにはと、意気込むこともない。作品、役者が良ければ時間がたってもスクリーンの記憶は蘇る。まずは映画館に足を運ぶことだ。
丸市屋の特選品はこちら