いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2018.06.14

片隅抄

2018.06.14

2018年06月14日(木)更新
アイドルの飲酒による不祥事、そして謝罪が続いている。今回問題になったのは、飲酒した相手が未成年だったということ。成人だという話を信用してのことだが、許されるものではない▼自身の出演する番組内で謝罪し、出演を自粛することとなった。その番組は報道番組でキャスターを務めていた。周りからは、「時事問題について熱心に勉強していたのに」などキャスターとしての彼の努力を称賛する意見があった▼少々違和感を覚えた。もちろん勉強は必要だ。ただ、本来キャスターは、アンカーマンとも呼ばれ、ジャーナリストとしての豊富な経験を生かし、政治から社会問題まで幅広く優れた知識を持ち、論説していく役割を担っている。司会者と混同しているのが現状だ▼勉強していたことに異論はないが、視聴率目当てのアイドルの起用と取られても仕方がない。テレビの本質、原点は報道だ。そこに命を吹き込むキャスターの役割を軽くみてはいけない。
丸市屋の特選品はこちら