いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2018.04.25

片隅抄

2018.04.25

2018年04月25日(水)更新
今週の土曜日からゴールデンウイークが始まる。会社によっては5月6日までの9連休の人も。ただ、前半3連休、後半4連休が一般的だろう▼休みに合わせて市内では、各種イベントが行われる。抄子が暮らす団地でも毎年、5月3日には子ども祭りが催される。子どもたちが「子ども神輿」を担いで町内を練り歩くのだ。その姿はほほ笑ましく、朝から元気な子どもたちの声を聞くのはいいものだ▼ところが10年前ごろからその光景が、少しずつ変わり始めている。少子化の影響で神輿を担ぐ子どもが少なくなり、代わって大人の姿が目立つようになった。少子化は時代の流れといえばそれまでだが、大人が交じった神輿を見るたびに、日本の将来はどうなるのかと暗い気持ちになる▼先ごろ総務省が発表した福島県の人口割合を見ると、14歳以下の割合は12・3%で過去最低を記録。震災復興とともに、少子化対策は近々の課題の一つだ。5月5日は「こどもの日」。
丸市屋の特選品はこちら