いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2018.04.02

片隅抄

2018.04.02

2018年04月02日(月)更新
いわき市内で3月中に桜が開花した記憶はない。それほど連日、好天に恵まれたのだろう。通年、4月の第2日曜がピークと記憶、うち4年に1回、県議選と重なっていた▼さて昨日、本社主催の愛読者バスツアー「屋形船からの隅田川桜見物と靖国神社・千鳥ケ淵桜吹雪」に同行した。今回で3回目になるが、東京の桜もすでに満開をすぎ、風に誘われるままピンクの花びらが空に舞っていた▼船内で飲食を楽しんだあと、靖国神社を訪問。大勢の花見客、参拝者にまじり1年ぶりに境内に足を踏み入れた。英霊に頭を垂れ、戦争関連の歴史的遺物、史料を保管展示する「遊就館」で復元された零式艦上戦闘機(ゼロ戦)の雄姿を再び目にした▼上京する機会は年に1回あるかないかのため、ついつい欲張って歩き回ることがある。人ごみに気疲れもするが、日々発展する都心の状況を確認することも必要。特にJR東京駅八重洲口も大きな変貌を遂げていた。
丸市屋の特選品はこちら