いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2018.03.14

片隅抄

2018.03.14

2018年03月14日(水)更新
早いもので18日は春の彼岸の入り。日一日と日差しにも力強さが感じられるようになり、季節は確実に春に向かっている▼日本気象協会が発表した桜の開花予想によると、最も早いのは熊本、高知などの20日で、次いで長崎、鹿児島の21日。東京都心では24日ごろを予想。各地で平年並みか平年よりやや早くなると予想している。気になるいわきはと言うと、4月3日を予想。今や遅しと開花を待ち望む日もあとわずかだ▼桜の開花によって春の便りが届くのはうれしいが、花粉症の人にとってはスギやヒノキの花粉が飛ぶつらい時期でもある。今年は例年より花粉が多いといわれ、いわきでも飛散が始まり、花粉を吸いこまないための、マスク姿の人が街中で目立つようになった。早めの予防と花粉対策が重要だ▼桜咲く。今日は高校の合格発表。合格者にはまずはおめでとうと言いたい。これからの高校生活、勉強に運動に励み、1度きりの青春をおう歌してほしい。
丸市屋の特選品はこちら