いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2018.02.21

片隅抄

2018.02.21

2018年02月21日(水)更新
長寿社会といわれる中、高齢者が交通事故や事件に巻き込まれるケースが増えている▼高齢者が起こす交通事故で、75歳以上の高齢運転手に限ると、半数の人が認知症の恐れがあることが分かった。事故の原因では、操作ミス、安全不確認、前方不注意の3つで約7割を占める。自分では大丈夫と思っていても、家族から危ないと指摘されたら、事故を起こす前に、運転免許の自主返納を考えたい▼事故と並んで高齢者が被害に遭うケースが多いのが、オレオレ詐欺などの特殊詐欺。警察をはじめ金融機関では、被害に遭わないための啓発活動を実施しているが、被害は減るどころか増加傾向にある▼どちらにも言えることは「自分だけは大丈夫」という変な自信。あまり指摘されると反発する人も。高齢者をばかにしているわけではない「老いては子に従え」のたとえもある。年を取ると頑固になると言われるが、指摘されたことに感謝し、聞く耳が持てる高齢者でありたい。
丸市屋の特選品はこちら