いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2018.02.09

片隅抄

2018.02.09

2018年03月09日(金)更新
昨夕からいわき地方は、低気圧通過に伴う風雨に見舞われた。今朝の出勤時、平の新川を見ると水量が堤防まで数㍍に迫り心配もした。1月末から2月初旬にかけての強い寒気には閉口したが、ひと雨ごとに暖かさを感じる▼これで朝の起床時もだんだん楽になる。きのう大野中が平成25年から連続無遅刻900日を達成した。誰にも覚えがあると思うが、朝はとにかく眠く体もだるいものだ。朝8時の登校に全生徒が間に合うことは立派である▼冬場の寒さ、夜更かしなどいつまでも布団に包まっていたいが、世の中そう甘くもない。作家三島由紀夫は「時間を守れない人間はだめ」との信念を持ち、約束時間に遅れた編集者をこんこんと諭したという▼4月から新社会人が職場などに勤める。定時はもちろん、少し早めに出社するのもいい。仕事に対する気構えが感じられる。天気予報も発達している現在、事前に交通手段の確認もできる。遅刻の言い訳は見苦しい。
丸市屋の特選品はこちら