いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2018.01.26

片隅抄

2018.01.26

2018年01月26日(金)更新
ここ数日間、日本列島に強い寒波が流れ込んでいる。全国いたるところで積雪があり、凍結した道路では転倒、けがを負った人も多い。本市でも25日未明、三和町上市萱の国道49号長沢峠で氷点下10・3度を観測するなど、市民も震え上がっている▼保温効果のある下着類の着用、暖房器具の効果的な利用などさまざまな防寒対策はあるが、縮こまっていても仕方がない。炬燵に入り、温かい鍋物と一献傾ける。左党にはこれが最適な寒さ対策だが、折からの野菜価格の高騰が家庭の財政を圧迫している▼その状況を反映するかのように、各地で開かれる野菜販売の朝市などは、生産者が直接販売するため廉価で手に入ることから盛況のようだ。今まで当たり前に食してきた農産物も自然あってのもの。品不足などに直面すると、とたんにありがたがる▼来月4、9日にいわきの伝統野菜、昔野菜をテーマにした催しがある。食の大切さを学び識るよい機会になろう。
丸市屋の特選品はこちら