いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2018.01.10

片隅抄

2018.01.10

2018年01月10日(水)更新
今年の「成人の日」は8日だった。昔は成人の日というと15日と決まっていたが、祝日法改正によって、1月の第2月曜日に変わった▼いわき市の成人式は7日に行われ、本紙でもその様子を紹介している。紙面を見ると女性はほとんど全員が振り袖で、男性はスーツに和装が交じる。各会場ではさまざまなイベントが開かれ、新成人は久しぶりに会った友人との会話を楽しみながら、大人としての自覚を新たにしていた。人生の先輩としてまずは大人となった門出を祝いたい▼いわきはなかったが、今年も全国ではマナーの悪い新成人が、式典を妨害する行為が相次いだ。会場外では飲酒しケンカまでする始末。他の新成人は成人の日を人生の節目として、新たな決意の下に式典に臨んでいる▼大人になるということは、国民としての義務も生じるのだ。これまでのように親や学校は守ってくれない。自分の行動いかんによっては、重い罰則を科せられることを忘れずに。
丸市屋の特選品はこちら