いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2017.10.23

片隅抄

2017.10.23

2017年10月23日(月)更新
先の市長選と同様、今回の衆院議員選挙も、終わってみれば大方の予想通りといっていい開票結果に終わった。国民生活に直結する争点がなければ、有権者の多くは安定を選ぶということだ▼安倍首相の疑惑隠し、小池都知事率いる希望の党への評価、不祥事を引き起こした議員たちのみそぎなど何のことはない、国民・有権者不在で、センセイたちが保身のために多くの時間と税金を費やした選挙ではなかったか▼選挙前の疑惑・不祥事はこれでうやむやになる? 希望の党は小池人気に乗ったものの、結局は小池さんの〝排除発言〟や〝党の顔〟としての中途半端な態度が逆風を呼んだ。都知事としての求心力低下にもつながるのだろうか▼自民党政権が傲慢にならないような、強力な対立軸は生まれないままだった。党の一員というより1人の議員としての矜持、具体的な公約を示さず、キャッチフレーズのような聞こえのよい話ばかりでは、貴重な1票もむなしい。
丸市屋の特選品はこちら