いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2016.12.21

片隅抄

2016.12.21

2016年12月21日(水)更新
2016年日本の世相を表す漢字に「金」が選ばれた。今年はどんな一年だったかを、漢字一文字で表現する師走恒例行事▼全国から15万3562票の応募があり、「金」は6655票を集めトップだった。理由は、リオ五輪での日本人の金メダルラッシュに加え、政治と金(かね)に絡む問題が、明るみになったことが挙げられる▼2位は米大統領選挙や、18歳選挙権スタートから「選」。3位は熊本や鳥取地震など天変地異と、都政の変革で「変」が選ばれた。以下、「震」「驚」「米」「輪」「不」「倫」「乱」と続く▼個人的には3位の「変」をトップにしたい。東日本大地震から6年がたち、がれきは片付けられ、まちはきれいになったが、津波で家を流され生活の基盤を失った被災者への心の支援は、まだ十分とは言い切れない。被災県にとっては、熊本地震などの天変地異を表す「変」が上なのだ。来年こそは被災県に住む人たちの心の復興が進むことを願いたい。
丸市屋の特選品はこちら