いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2016.05.20

片隅抄

2016.05.20

2016年05月20日(金)更新
久之浜町の建設会社敷地内で発生した死体遺棄事件。男性作業員がなんらかのトラブルで死亡、土中に埋められていた。ちょうど1年前にも四倉町で同じようなことが起きている▼県警の捜査本部が本市に設けられたのは、19年7月のいわき南署以来でこちらも死体遺棄。当時、本社デスクと担当記者が重機で掘り起こす状況を電話でやり取りしていたことを思い出す▼締め切り時間厳守、結果一報の掲載判断が土壇場まで続いていた。池波正太郎さんの『仕掛人・藤枝梅安』。ある人物を亡き者にする依頼者、仲介人、実行者が江戸の暗黒街にうごめく。小説はもちろん劇画でも楽しめる▼裏世界の史料はまったく残ってないという池波さん。あくまでイメージの世界で物語が進む。首尾よく実行した梅安は急死に見せかける場合や川に流し、土に埋めたりもする。「世のためにならない奴を消す」。それでも自責の念は消えることはない。今回の容疑者らはどうか。
丸市屋の特選品はこちら