いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2016.03.22

片隅抄

2016.03.22

2016年03月22日(火)更新
桜前線の北上ととも に、いわき地方も日一日と春の陽気になってきた。いわきの桜の開花予想は4月3日。この日を境に桜の名所では、休日ごとに花見の宴が催されることだろう▼満開の桜の下での宴会は、考えただけでも楽しい。ただ、気にかかるのが宴会の後のごみ。花見客が帰った後がごみの山では、一瞬にして興ざめだ。花見に限らず、屋外でのレジャーやスポーツを楽しんだあとのごみは、各自持ち帰りが原則だ▼こんなことも守れないのかと、あきらめるにはまだ早い。ここ数年、町で会社周辺を清掃する社員を見かけることが多くなった。知り合いの会社では何年も前から、社会にお世話になっているからと、全員で就業前にごみ袋を手にごみ拾いをするという▼市全体からみると、環境美化活動はまだまだ定着してはいないが、市内にもこういう会社があることはうれしい。市民1人1人、ごみが落ちていれば拾う気持ちを持てば、自然とポイ捨てもなくなる。
丸市屋の特選品はこちら