いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2016.02.20

片隅抄

2016.02.20

2016年02月20日(土)更新
平成27年度から小・中学校それぞれ1校ずつに統合された三和小と三和中にできた新しい校歌・校章(校旗)のお披露目式が20日、三和ふれあい館で行われた▼旧校歌では三和の詩人草野比佐男さん作詞の三阪小校歌が好きだった。上・中・下三坂小3校が統合して開校した学校だった。「四月さくらの花が咲き…」で始まる旧来の歌詞とは違う清新さを感じるものだった▼今回披露された校歌は『愛しき三和の里』と名づけられ、「すてきな夢をかなえるために みんなと共に学び続けよう…」で始まる。詞は学校にかかわる多くの人たちが寄せた言葉を紡いで完成し、これにNHK朝ドラ『あまちゃん』の作曲者大友良英さんがリズミカルなメロディーをつけて命を吹き込んだ▼歌の途中では手拍子も入る。〝三和は1つ〟という地域の人たちの思いが込められた瑞々しい校歌だ。「未来を信じ希望をもって歩いていこう」。ふるさとを担う子どもたちにエールを送りたい。
丸市屋の特選品はこちら