いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2015.07.31

片隅抄

2015.07.31

2015年07月31日(金)更新
美食家ではないが、おいしいものが好きだった向田邦子さん。生前、料理本の出版、妹さんを店主に料理店も開いていた。ファンならご存じだが、自宅に「う」とだけ書いた紙を張った引き出しがあった▼全国各地の名産品しおりが無造作に収められたその中には、平の丸市屋さんが販売する「ウニの貝焼き」などがある。当時はメールなどないから、電話か手紙で直接注文したのかもしれない▼きのう、市漁協が5年ぶりにウニ漁を再開した。東日本大震災による原発事故の影響でしばらく休漁状態が続いていた関係者もほっとしているだろう。試験操業とはいえ、地元特産品の復活はうれしい限りだ▼操業後、さっそくウニの貝焼き作業が行われ、漁師のおかみさんらが当時を懐かしみながら腕をふるったという。放射性物質のモニタリング検査徹底を周知しても、いまだ疑念を抱く消費者はいる。月並みながら地道に安心・安全のPRに努めなくてはならない。
丸市屋の特選品はこちら