いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2015.07.25

片隅抄

2015.07.25

2015年07月25日(土)更新
常磐湯本町にある市石炭・化石館のうち、化石館を分離して日本有数の化石の宝庫大久町に移転・独立できないかと昔から思っている▼そこは恐竜の時代である中生代の地層が広がる場所で、市アンモナイトセンターに隣接して、古生代から新生代までの市内外、海外の標本をもとに見学・学習し、露頭では実際に化石の発掘体験ができるのだ▼近くにはフタバスズキリュウの発掘現場があり、市海竜の里センターではちびっ子が恐竜にちなんだ遊具で遊べる。自然豊かな三森山と清流、鉱泉宿もある。山1つ越えれば、そこは古生代の三葉虫が発見された高倉山だ。施設の配置にどんな計画性があったのだろう▼新しい劇場「いわきPIT」がオープンした。近くにアリオスという充実した機能と最新のソフトを生かした施設があるが、PITにはアリオスにない魅力と可能性があるはず。それぞれ独自のカラーを生かした文化の創造・発信の拠点になってほしいと思う。
丸市屋の特選品はこちら