いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2015.04.23

片隅抄

2015.04.23

2015年04月23日(木)更新
韓国に行けばキムチ、インドに行けばカレーの匂いがする。よく言われる、その国の匂いのイメージだ。海外に行く機会は多い方ではないが、確かに、ハワイに行けばコパトーンの甘い匂い、ウィーンでは森の匂いがしたのを覚えている▼「嗅覚」は、人の感じる「五感」の中でも「視覚」「聴覚」と同じく、無意識に感じられる感覚だ。「匂い」「臭い」と、おなじ「におい」でも、2つの意味を有する感覚は、「嗅覚」だけである。それだけに、料理や、景観などに与える影響は大きいと言える▼以前は、新芽の吹く匂いで春を、蚊取り線香の匂いで夏を感じたものだが、今はちょっと違うようだ。テレビなどの影響からか、「視覚」中心になっているように思える▼よく、「行ってみたら映像とは違う」と言われることがある。これは「視覚」の問題だけではなく、無意識に「匂い」を感じての言葉だ。エアコンを切って窓を開け、「匂い」を感じる生活も必要だろう。
丸市屋の特選品はこちら