いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2014.06.23

片隅抄

2014.06.23

2014年06月23日(月)更新
昭和20(1945)年6月23日は、太平洋戦争において沖縄戦が終結したとされる日だ。沖縄戦は同年3月末に始まり、住民を巻き込んだ激しい地上戦が繰り広げられ、20万人が死んだ▼沖縄県は、6月23日を「慰霊の日」に制定、条例により国の機関以外の役所や、学校等は休みとなっている。県主催の追悼式が開かれ、住民は正午のサイレンを合図に黙とうをささげる▼本年3月、国会の参議院予算委員会の席上、安倍首相は、3月11日を何らかの記念日として制定するための検討に入る意向を明らかにした。また、震災の被災自治体の中にも、同様の動きを進めているところがある▼だが、あの日私たちを襲ったのは、地震と津波だけではない。地震に伴い起きた原発事故は、3年以上が過ぎた今なお、対策の先行きが見えていない。この中で記念日化を進めるなら、国は現状を鑑み、被災者の思いを十分にくんだ記念日にしなければならないことを、忘れないでほしい。
丸市屋の特選品はこちら