いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2014.02.19

片隅抄

2014.02.19

2014年02月19日(水)更新
年が明けたと思ったら、もう2月の中旬。最強寒波といわれ1月は寒い日が続いたが、それ以外は復興事業も順調に進み、大きな事件事故もなく平穏に経過するいわき地方▼平穏な生活が送れる陰には、さまざまな人たちの苦労がある。その代表が警察だろう。いわき中央署管内では、避難住民による人口増加や復興事業での工事車両増加などで交通環境が悪化しているにもかかわらず、昨年1年間の交通死傷者数が過去10年で最小だった。これも同署員の働きが大きいと、その苦労に頭が下がる▼その一方で残念なニュースもある。全国で警察官の不祥事が少なくないという。県内では警察事務職員がセクハラ行為で減給処分が1件ある。悪いことを取り締まる側の人間としては、たとえ1件でも仲間の不祥事は悔しい思いだろう▼さて、交通安全に話を戻すと、来月は歓送迎会シーズン。飲酒の機会が増えるだけに、悪質運転などで警察に迷惑をかけることのないように。
丸市屋の特選品はこちら