いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2012.01.17

片隅抄

2012.01.17

2012年01月17日(火)更新
平成7年の今日1月17日午前5時46分。震度7の激しい揺れで、6434人の命を奪った阪神・淡路大震災が発生した。高速道路の倒壊など、多くの建物にも甚大な被害をもたらした▼一昨年、震災により新聞社としての機能が完全に麻痺した中で、地元新聞社としての新聞発行にこだわった神戸新聞を取り上げたドラマが放映された。同業者として「もし、いわきで震災が発生したら」と立場を置き換えながら見た▼昨年3月11日午後2時46分、東日本大震災が発生。震度6弱の地震と津波がいわきを襲った。それに加え、東京電力福島第一原子力発電所事故による放射能漏れも発生した。市内の一部が屋内退避区域となったため本紙も6日間、休刊を余儀なくされた▼東日本大震災から10カ月。ライフラインの断絶、ガソリンや生活物資不足の中、何とか新聞発行を続けることができた。〝新聞人〟としてこれからも、紙面を通しいわきの復興への歩みを伝えていきたい。
丸市屋の特選品はこちら