いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2011.12.14

片隅抄

2011.12.14

2011年12月14日(水)更新
全国各地から雪の便りが届くようになった。同じ県内でも、豪雪地帯の会津地方と違いいわきの場合雪とは縁遠い。一冬で降っても数えるほど。それも翌日にはほとんど消えてしまう淡い雪▼そのためいわきの人は、冬タイヤに履き替える時期が遅かったり、夏タイヤで一冬を過ごす人も少なくない。しかし、これは危険だ。いくら降雪が少ないからといっても、常に道路が乾いた状態とは限らない。雪でなくとも寒さが厳しくなれば、路面だって凍結する▼あらためて述べるまでもないが、「雪道での冬タイヤの有効性と、夏タイヤのままでの危険性は各種実験で証明されているはず」と関係者。さらに「凍結や積雪した路面状況では車間距離は多めに取り、スピードは控えめにしてほしい」と付け加える▼いわきでも山間部ではすでに雪が降ったと聞く。手遅れにならないよう早めの冬タイヤ履き替えをお薦めする。冬道での走行にはいつも以上の慎重な運転が必要だ。
丸市屋の特選品はこちら