いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2011.09.13

片隅抄

2011.09.13

2011年09月13日(火)更新
 「口は禍の門」。広辞苑によると、「うっかり吐いた言葉から禍を招くことがあるから、言葉を慎むべきである、という戒め」とある。ある大臣が10日、失言により辞任した。就任から9日目という異例の早さだった▼この大臣は、東京電力福島第一原子力発電所周辺の市町村を「死の町」と表現した。失言による大臣辞任に「またか」の思いが頭をよぎった。記憶に新しいところでは、前復興相も〝上から目線〟の物言いなどにより、就任9日目に辞任した▼辞任した大臣は原子力行政のトップだけに、発言は非常に重い。原発事故による風評被害で苦しんでいる本県の現状を全く認識せず、原発事故もひとごとと思っているように見える▼風評被害で本県産の魚介類や農産物などが苦境に立たされている。状況打破に向け、新内閣への期待が大きかっただけに残念。野田佳彦首相が述べた「福島の再生なくして、元気な日本の再生なし」の言葉が偽りでないことを信じたい。
丸市屋の特選品はこちら