いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2011.08.16

片隅抄

2011.08.16

2011年08月16日(火)更新
 第58回いわき花火大会が11日夜に開かれ、小名浜港の夜空を2000発の花火が彩った。小名浜港が東日本大震災の影響による甚大な被害を受け、一時は開催も危ぶまれた▼今年は、本県をはじめ、岩手、宮城県の10カ所で同時刻に一斉に花火を打ち上げるプロジェクト「LIGHT UP NIPPON」との併催となった。復興と追悼・鎮魂の意味を込めた花火大会となった▼取材を兼ね現地で観覧した。花火の数こそ、通常の1万発の5分の1だったが、例年に負けない迫力だった。また、いわき平競輪場のオーロラビジョンでの実況中継も好評だったようだ▼発起人の1人小林直仁さんが「祭り事には地域を1つにする素晴らしい力がある。ライト・アップ・ニッポンを通して、東北、日本全体を元気にしたい」とあいさつしていた。資金的な面もあるとは思うが、プロジェクトを続け、8・11が復興と追悼・鎮魂の花火大会として、定着していくことを期待したい。
丸市屋の特選品はこちら