いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2011.01.20

片隅抄

2011.01.20

2011年01月20日(木)更新
 JAいわき市いちご部会とJAいわき市が主催、市、JA全農福島浜通り営農事業所、平果が共催して行われている「いちご祭り」。毎年、生産地区の幼稚園や保育園・所に〝いわきいちご〟をプレゼントしている▼いちご祭りは、「いわきいちご」ブランド確立の一環で、旬を前に、子どもたちにイチゴを食べてもらいおいしさを味わってもらうとともに、消費拡大につなげようと行われている。今年で8年目を迎え、すっかり冬の風物詩として定着した▼取材でいただいたいわきいちごを会社で試食した。なるほど、程よい甘さでおいしくいくつでも食べることができた。取材した幼稚園でも、園児が「4個食べた」と元気よく答えていたのを思い出した▼消費者の食に対する安全安心志向を背景に関心が高まり、地産地消の重要性が増している。昨年9月に始まった農産物直売所スタンプラリーも、2月28日で終了となる。遅ればせながら、直売所巡りをしてみようか。
丸市屋の特選品はこちら