いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2010.10.26

片隅抄

2010.10.26

2010年10月26日(火)更新

 先日、日直で10本近い取材をこなした。三和、常磐、小川など、各地を回った。最近は会社の中にいることが多くなり、外で取材する機会がめっきり減った。久しぶりの外での取材で、一日中車で走り回り、さすがに体にこたえた▼三和地区では、三和町ふれあい市場で開かれた「新米祭り」を取材した。試食コーナーでは、昔ながらの蒸し釜で炊いたご飯が振る舞われ、人気を集めていた。試食させてもらったが、蒸し釜で炊いた新米のおいしさに驚いた▼地産地消。地元で生産されたものを地元で消費するという意味で、主に農産物の場合に使われている。県では10月と11月の2カ月間を「地産地消月間」と位置づけ、消費者と生産者の相互理解を深める取り組みとして推進を図っている▼ふれあい市場の新米祭りでは〝お母さん〟たちが一生懸命働いていた。自信を持って、自分たちが心を込めてつくった米や野菜、漬物などを販売している姿に、安全・安心を感じた。

丸市屋の特選品はこちら