いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 2010.09.21

片隅抄

2010.09.21

2010年09月21日(火)更新

 「地産地消」。地元で生産された農産物などを地元で消費することを意味する。主に、農産物に対して使われるが、消費者の食の安全・安心志向を背景に、消費者と生産者を深める取り組みとして、かなり浸透してきた▼市内には、数多くの農産物直売所や農家レストランなどがある。本紙中面で第1、第3金曜日に展開している、「直売所情報」コーナーの取材で数件の直売所を訪れているが、〝お母さん〟たちが一生懸命店を切り盛りしていた▼そんな中、リピーターを増やし、継続的に直売所への誘客を図ろうと、先日、農産物直売所スタンプラリーがスタートした。参加している市内の直売所40店でスタンプを押印、スタンプを集めた数によって抽選で景品が当たる仕組み▼関係機関では直売所を活性化させようと、さまざまな取り組みを行っている。一朝一夕に結果は出ないかもしれないが、安全安心な農産物提供という観点からも、末永い取り組みに期待したい。

丸市屋の特選品はこちら