いわき民報 > 片隅抄 > Blog article: 16.04.12

片隅抄

16.04.12

2016年04月12日(火)更新
福島県の観光や地域の特産品をPRしようと、「福が満開、福のしま。」キャンペーンとして、県内の酒蔵や花の名所、おいしいグルメ・温泉スポットを巡るスタンプラリーが行われている▼モノは使いよう…と言うが、もともとあったふるさと福島の魅力を掘り起こしてどう生かすか、アイデアが重要になってくる▼大震災と原発事故の影響で苦境にあった本県の観光地や特産品を、県が各市町村と協力して再生させようというのが今回のキャンペーンだが、その取り組みの成果はどう出るだろう▼同様の企画として、『ふくしま恋咲く縁結びスポットガイドブック』がある。これを見ると、県内には多くの縁結びスポットがあることがわかる。いずれは県内のパワースポットを紹介する『レイライン』ガイドも出てくるだろう。いわき市をはじめ本県にはいい素材がたくさんある。あとは〝調理人〟がどんな発想で〝おいしい料理〟に仕立ててくれるか腕の見せどころだ。
丸市屋の特選品はこちら