いわき民報 > 会社案内 > 沿革

会社案内

  • 会社概要
  • 沿革
  • 制作工程
1946年2月 野沢武蔵初代社長がいわき民報を創刊
5月 日刊紙から夕刊に変更
11月 法人組織化
1947年7月 現在地に新社屋落成(総2階建て290.4平方㍍)
1949年11月 資本金を100万円に増資
1950年6月 勿来支局を開設、8月に小名浜支局を支社に昇格
1953年6月 資本金を200万円に増資
1954年6月 四倉支局を開設、10月には常磐支局を開設
1956年5月 出版部を新設
1962年5月 資本金を300万円に増資
7月 創刊5,000号を記念し、高性能活版印刷機を導入
1963年4月 野沢武蔵初代社長が県議に当選
1966年10月 いわき市が誕生。本紙合併記念号を発行
1967年11月 資本金を600万円に増資
1968年11月 発行部数の増加に伴い、東京・谷口精機製作のT V 型輪転印刷機(15000/h)を導入
1969年4月 本紙PR用キャッチフレーズを公募、平中神谷の男子学生が応募した 「市民の夕刊・いわき民報」 が入賞1等に
1970年2月 本社社屋を類焼、被災8日目で復刊
1971年6月 新社屋・いわき民報ビル落成、創刊25周年を記念して「いわき民報賞」を制定
1972年10月 資本金を1800万円に増資
1974年10月 浜田印刷機製作所製のオフセット輪転印刷機を導入(活版印刷からオフセット印刷へ移行)
1976年 創刊30周年を記念し、縮刷版の発行を決定
1978年7月 創刊1万号を達成
1979年12月 手動式タイプレスを電動タイプに移行
1980年9月 野沢俊一専務取締役が社長に就任
野沢武蔵社長は会長に就任
1985年6月 新印刷工場が完成、東京機械製作所のBHK30型高速オフセット輪転印刷機(45,000/h)を導入
1987年12月 モトヤ製の組版機MT5000-Nを挿入、1行14字詰めから13字詰めに変更
1990年4月 東京機械製作所のBHK30M型オフセット輪転印刷機の新増設によりカラー印刷を開始
1991年8月 野沢武蔵代表取締役会長が死去
10月 東京機械製作所のサテライト型HBP-1300片面3色 印刷カラーユニットを導入、フルカラー印刷が可能に
1996年 創刊50周年を迎える
野沢達也常務取締役が社長に就任、野沢俊一社長は会長に就任
1998年 広告・画像処理システムを導入
1999年 野沢俊一代表取締役会長が死去
5月 電子編集組版システム(CTS)を導入、1行13字詰めから12字詰めに変更
2001年 創刊55周年を迎える
2月 日本新聞協会に加盟、8月より読売新聞社のヨミネット配信を受け、常時16ページに変更
2004年7月 日本地域紙協議会に加盟
2006年 創刊60周年を迎える
創刊60周年を記念して「いわき民報ふるさと出版文化賞」を創設。12月に第1回授賞式
2009年10月 サーマルプレートレコーダー・PlateRite 8300E(CTP)を導入

丸市屋の特選品はこちら