いわき民報 > 未分類, 片隅抄 > Blog article: 2018.10.25

片隅抄

2018.10.25

2018年10月25日(木)更新
毎朝の通勤で、一町目の秋田銀行、そして並木通りのトヨタレンタカー前の二つの交差点を通る。その場所の通勤ラッシュは、7時半ごろがピークのようだ▼信号待ちをしていて疑問に思ったことがある。右折矢印の出ている時間だ。並木通り側の矢印が出ている時間は、約8秒。それに対してレンガ通りは、約16秒。レンガ通りからの信号では、矢印の出ている間のみの右折だということを考えると、その時間の差はうなずけるが、交通量を考えると疑問が残る。昼間は、矢印の時間はともに約8秒。これをみると、赤井方面から通行量を多く見積もっていることもわかる▼ただ、赤井方面には並木通り、レンガ通りからの二方向から、そして、そのほとんどが工業団地に行く車。交通量の差は歴然だ。当然ながら信号の時間は交通量の調査から決められる。データに基づいての設置だろうが、調査をし、見直しをかけることも必要だろう。それは交通事故撲滅にも繋がる。
丸市屋の特選品はこちら